確認必須!!退職金にかかる税金とは??

退職金は老後の生活プランに大きく影響し、
通常勤続20年以上の場合大きな額が支給されます。

しかし、退職金にも所得税や住民税がかかり
満額を受け取れるわけではありません。
実際に受け取れる額はいくらなのか
正確に把握しておきましょう。

■退職金にかかる税金
退職金にかかる税金は、
支払われる前に源泉徴収されますので確定申告の必要はありません。

退職金にかかる税金の額は、
下記の簡単な計算で算出することができます。

退職金の税金=(退職金の額−退職所得控除額)1/2×税率

■退職所得控除額
退職金にかかる税金を優遇するために、
退職所得控除額によって課税対象となる額を軽減しています。
算出方法は以下の通りです。

勤続年数20年以下:勤続年数×40万円
勤続年数20年以上:(勤続年数−20年)×70万円+800万円

以上のように退職金にかかるおよその税金を
算出することができます。
老後の経済プランを考える上で、
原資となる額を正確に把握しておくことが大切ですねexclamation






Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。