年金記録75万件改ざん!!知らないうちに大幅引き下げ!?

将来受け取れる年金額を大幅に改ざんされている人の数が
75万件にも上ることが、本日社会保険庁から発表されました。
以前は約6万9千件との発表でしたが、
今回約10倍近い数の75万件への修正となりました。

また、その内既に改ざんされた年金を受け取っている人は
2万人であることが明らかになりました。
2万人については職員が直接対象者の自宅を訪問し
確認を行っていくということです。
--------------------------------------------------------
多くの人々が、何の疑いもなく
長い間保険料を支払い続けてきています。
引退生活に入っている中急に訪問され
若い頃の細かい勤務期間や雇用形態などを尋ねられて
正確に答えられる人がどれだけいるのでしょうか。

知らないうちに将来貰える年金額が大幅に減らされている、
保険料を払った分の年金を受け取ることができない、
ということが75万件も起こっているのです。

また、職員がすべて戸別訪問し確認するというのは
一見丁寧な対応のように見えますが、
それにかかる人件費やその他費用は一体…
当然税金でまかなわれるわけです。

年金を支払うことは国民の義務ですので
拒否することはできませんが、老後生活の柱としての
今までの見方は、徐々に変えていかなくてはならないのかもしれません。






Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。