ボケても安心!成年後見制度とは?

現在日本では、寿命が長くなるにつれて
約5人に1人が痴呆性の危険があると言われています。

健康なうちは、自分のこととしては
なかなか考えにくいかもしれませんが、
ある程度の年齢に達したら万が一の場合にも
対処できるよう準備をしておくことが大切です。

■成年後見制度とは?
痴呆などの精神的な障害によって
正常な判断ができなくなってしまった場合、
自分の代理人として財産や各種契約などについて
代行し不利益を被らないようにする制度です。

定年退職後すぐに考える必要はありませんが、
徐々に不安を感じるようになったら
後見人を選び契約を交わしておくとよいでしょう。






Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。