老後のための資産計画とは?

老後のために資金を蓄えていくことは非常に大切です。
これまでに、いくつもの老後に備えた
貯蓄方法などを確認してきました。

しかしいざ老後を迎えても、先々の不安から
生活費を切り詰めて貯蓄に励む人が多いようです。
自分の死後、家族や子ども達に資産を残すことも大切ですが
ある程度は自分のために使い切ってしまいましょう

そのためには、資産を用途別に分類しておくと
緊急時にも不安なく対応することができます。
具体的な方法を確認していきましょう。

まず、自分が持っている資産を多く分けて
以下の三つに分類しましょう。
・生活費
・緊急資金
・余裕資金

■生活費
月々の生活に必要な資金。

(普通預金として手元においておく)

■緊急資金
入院や災害時など突然の出費に対応する資金。
生活費の約4〜6ヶ月分と考えておきましょう。

(定期預金などを利用して生活費とは分けておく)

■余裕資金
上記を除いた残りの資金。
資産運用にまわしたり、
旅行や趣味など娯楽のために使いましょう。

(株式や外貨預金などで運用する)






Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。