年金(ねんきん)特別便とは?

年金の記録漏れが見つかってから、
大変な社会問題になり
本当に老後受け取れるのかと
心配されている方が多いはずです。

対策として2007年の12月から始まった
ねんきん特別便ですが、
いまいち制度が分かりづらいといった声が出ています。

今回はそのねんきん特別便について
確認していきましょうね。

■どんな人に送られるのか?
・すでに年金をもらっている人
・現役の加入者(保険料を払っている人)
年金に関わるすべての人に、
確認のため送られることになっています。

■いつ送られてくるのか?
記録漏れの対象になっている可能性が高い人から
順次すべての人に送られてきます。

実際の予定日は以下のようになっています。
2007年12月〜平成20年3月 :記録漏れの可能性が高い人
2008年4月〜平成20年5月 :現在年金をもらっている人
2008年6月〜:サラリーマン、OLなど
2008年8月〜:自営業者、主婦
2008年9月〜:共済組合加入者

■届いたらどうすればいいのか?
訂正がない場合
→同封の「確認はがき」を社会保険業務センターに送ります。
訂正がある場合
→同封の「年金加入記録照会票」に必要事項を記入のし、
社会保険業務センターに送ります。

分からないことや不安な点がある場合は、
お近くの社会保険事務所かねんきん特別便専用ダイヤルに
ご相談ください。






Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。