老後の住まいはどうする?

老後、自分や夫(妻)に介護が必要になったとき
住まいはどうするのか、誰が介護をするのか
考えておかなければなりません。

下記のような方法をとる場合は、
当然少なくないお金が必要になります。
・住宅を改築する
・老人ホームへ入所する
・在宅で介護を受ける

il2.gif

突然の支出が増えてしまうと、
老後の経済プランも崩れてしまい
余裕ある生活を送れなくなってしまいます。
定年前から、ある程度
出費の目処を立てておきましょう。

また、子どもとの同居を考えている場合は
誰のところに、いつ頃から、
など後々のトラブルを避けるためにも
早いうちから話し合っておきましょう。

では実際に、老後を迎えた人は
自分が介護が必要になったときに
どのようにしたいと考えているのでしょうか。
全国に行った希望調査を見てみましょう。

house.bmp

やはり老後も住み慣れた家で
ずっと暮らしたいと考える人が多いようですね。
どのようにするにしても、
定年前から費用について考えておくことと
家族や子どもときちんと話し合っておくことが大切です。





タグ:老後

Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。