年金の加入期間が足りない場合は?

国民年金を受け取るためには、
25年以上の加入期間が必要となります。
(免除期間がある人はまた異なります。)

通常は60歳までに払い終えるものですが、
何らかの理由で25年に満たなかった場合
いくつかの対策方法があります。

■65歳まで任意加入する
国民年金は原則として60歳までの加入ですが、
理由があれば手続きをすることによって
65歳まで加入することができます。

■再就職する。
70歳までは会社に勤めていると
厚生年金に加入することになりますので、
自動的に国民年金にも加入することになります。

■70歳まで任意加入する
(※昭和30年4月1日以前生まれのみ)
生年月日が昭和30年以前の人は、
加入期間が足りない場合のみ
さらに70歳まで延長することができます。

上記のように、
残りの加入期間を満たす方法があります。

しかし、60歳以上での
保険料の負担は経済的に厳しく、
70歳まで加入すれば当然給付期間も短くなり
自分が払った年金を全額受け取れない場合もあります。

どのような方法が一番自分に合っているのか、
家族や社会保険事務所と相談した上で
よく考えてから決めましょうね。





タグ:年金

Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。