定年後の確定申告とは?

会社に勤務していると
確定申告は会社がすべてやってくれますが、
定年後は自分で税務署へ行き
申告の手続きをしなくてななりません。

今回は手続き方法や必要書類などを、
確認していきましょう。

■手続き方法
通常定年後は年金収入にともなう
申告となります。

毎年2月16日から3月15日までに、
前の年の1年間の収入について手続きをします。
申告書を作り、下記の書類を添えて
税務署へ提出します。


■必要書類
・年金の源泉徴収票
(↓以下は控除を受ける場合必要となります。)
・医療費の明細書
・生命保険料の控除証明書
・損害保険料の控除証明書

扶養者控除など各種控除額と
既に徴収された源泉徴収額とを比較して、
不足の場合には納め
納めすぎている場合には変換されます。

一度要領を覚えてしまえば簡単です。
申請をしなければ、変換してもらえませんので
忘れずに手続きをしましょうね。






Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。