定年後!失業保険はいくら貰えるの?

前回までに、以下の2点を確認してきました。
・定年退職後は失業保険がもらえること
定年後に貰える失業保険とは?
・どのくらいの期間もらえるかということ
失業保険をもらえる期間は?

今回は、実際に受け取れる額はいくら位なのか
確認していきましょう。

■支給額について
基本的には、退職前に受け取っていた
給料に比例して日額で試算されます。

支給額の目安は以下のように考えます。
1,退職前の半年間の給料の日割りの額を計算する。
2,1の日割り額の約50〜80%が自分の失業保険の目安。
(60歳以上の場合は約60%程度が一般的です。)

※給料にはボーナスなど
特別な手当ては含ずに試算します。

■支給額の上限と下限
失業保険の支給額には、
上限と下限が設定されています。

<上限額>
60〜64歳:19,620円
65歳以上:14.720円
給料の日割り額が、上記の額を超える場合は
上限額が自分の給料の日割り額ということになります。

<下限額>
4,290円
定年退職の場合、下限額をきることは
まずないかと思いますが、
一応すべての年齢を対象に下限額が設定されています。

よって高額な給料を受け取っていた人は、
上限額に達してしまうため
60%を保障されない場合もあります。

現役生活中は
なかなか考えることが少ないものですが、
定年後いくら受け取れるのか把握しておきましょうね。






Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。