在職老齢年金とは

今回は、働いている場合の
在職老齢年金について確認していきましょう。

60歳以上の本来年金を受け取る年齢で
職業に就き、一定以上の給与収入があると
厚生年金が減額されて支給されます。

その収入に応じて減額されて支給されるものを、
在職老齢年金といいます。
実際に減額される額は、以下のようになっています

※70歳以上になると、
収入に関係なく満額支給されるようになります。

■60歳〜65歳未満の在職している人
・月給+年金の月額が28万円以下の場合は
減額されず受け取れます。

・28万円以上の場合は対象となり、
以下の4通りに分けられ引かれる額が決まります。
合計が48万円以下(年金月額が28万円以下)
合計が48万円以下(年金月額が28万円以上)
合計が48万円以上(年金月額が28万円以下)
合計が48万円以上(年金月額が28万円以上)

■65歳〜70歳未満の在職している人
・月給+年金の月額が48万円以下の場合は
減額されず受け取れます。

・48万円以上の場合は対象となり
超過部分の半分が減額されてしまいます。

試算方法が複雑で分かりづらいですよね。
不安な方や再就職をお考えの方は、
お近くの社会保険事務所へ相談してみるとよいでしょう。

予想外の減額・・とならないように、
気をつけましょうね。






Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。