意外と知らない!?加給年金とは

今回は、通常の年金に上乗せして支給される
加給年金について確認していきましょう。

加給年金とは、厚生年金の加入期間が20年以上あり
所定の条件を満たすサラリーマンの場合
年金の支給額が増す制度です。

il3.jpg

■条件
対象となる条件は、
・65歳未満の妻がいる(年収850万円未満)
・18歳未満の子どもがいる
・20歳未満の障害のある子どもがいる
上記のいずれかを満たす場合となります。

■支給額
実際の年間支給額は、対象者ごとに異なり
以下のようになります。(平成19年度)
配偶者:227,900円
子ども(第2子まで):227,900円
子ども(第3子以降):75,900円
※夫の生年月日によって、
3万円〜17万円の特別加算額が上乗せされます。

■停止日
妻が65歳になり年金を受け取れるようになると
夫への加給年金支給は停止しますが、
代わりに振替加算という形で
妻の方へ上乗せして支給されます。

振替加算額は妻の生年月日によって
1万5千円〜13万円と異なります。
また昭和41年以降の生まれは支給されません。

加給年金はあまり大きく取り上げられないため
知らずにいる場合があり、
もらい損ねる方が毎年大変多くいます。
条件を満たす場合は、
すぐに請求の手続きを行いましょう。

もしもらい損ねていた場合でも
遡って請求することもできます。
損はしたくないですよね!
お近くの社会保険事務所へ問い合わせてみましょう。





タグ:加給年金

Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。