年金の満額支給!!必要な条件とは??

国民年金には以下の三種類の給付があります。
・老齢基礎年金
(一般的に多くの人が老後受け取る年金)
・障害基礎年金
(障害者になったときに支給される年金)
・遺族基礎年金
(一定用件を満たした人が亡くなったとき家族へ支給される年金)

このうち老齢基礎年金は、
加入可能年数の40年全期間の加入があって
はじめて全額を受け取ることができます。
年金の支払い期間中に滞納した期間があると、
その月分減額されて支給されることになります。
※支給には原則25年以上の加入が必要です。

■老齢基礎年金の支給額を知る方法
自分が受け取ることができる老齢基礎年金は、
下記のようにして計算することができます。

老齢年金受取り額=(保険料納付月数/480月)×794,500円

※480月(加入可能年数全期間40年×12ヶ月)
※保険料免除期間がある場合は、免除の度合いにより
保険料納付月数に考慮されます。





タグ:年金

Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。