意外と知らない!特例退職被保険者になる場合とは!?

退職後の健康保険の選択肢の3つ目、
特例退職被保険者について確認していきましょうパンチ

■特例退職被保険者になる場合
勤務していた会社の健康保険が特定健康保険の場合、
特例退職被保険者として今までの健康保険に
継続加入することができます。

・加入条件
厚生年金の加入期間が20年以上または
40歳以上の加入期間が10年以上あること。
退職によって今までの会社の健康保険資格を喪失したこと。

・保険料
全額自己負担です。

・加入期間
通常は70歳までです。

・給付
医療費自己負担2割

・加入手続き
年金証書が到着てから3ヶ月以内に、
勤務していた会社の健康保険組合に申請書を提出します。
同時に家族の被扶養者届けも一緒に提出しましょう。


よく検討して、
自分に合った健康保険を選びましょうねわーい(嬉しい顔)






Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。