"健康保険"継続加入する場合とは!?

退職後の健康保険の選択肢の二つ目、
任意継続被保険者になる場合ついて確認していきましょう。

■任意継続被保険者になる場合
退職すると今までの保険証は家族の分も含めて、
すべて翌日から使用できなくなります。
そういった不備を解消するため、
今まで勤務していた会社の健康保険に、
最長二年間に限って継続して加入することができます。

・継続加入の条件
退職前2ヶ月以上健康保険に加入していること
退職後20日以内に健康保険を継続する手続きをすること

・保険料
勤務中とは異なり、全額自己負担となります。

・加入期間
最長2年間。
55歳以上で退職した人は、2年を超えても60歳に達するまで
継続加入することができます。

・給付
医療費自己負担2割

・加入手続き
退職後20日以内に健康保険組合または
居住地の社会保険事務所に申請書提出します。

※保険料の前払いについて
保険料は毎月10日までに一月分ずつ払うのが一般的ですが、
申請の手続きをすることによって
6ヵ月または1年単位で前払いをすることができます。
前納制度を利用すると所定の割引が適用されますので、
余裕のある方は利用した方が得になるようです。

急な病気や事故にも安心して対応できるように、
しっかりと手続きをしておきましょうねぴかぴか(新しい)





タグ:保険 年金

Copyright © 2010 年金と老後生活の対策ガイド All Rights Reserved.

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。